マスターが訳あり価格並みに激安 | coilmaster

初心者です。あまり悪い評価はつけたくないのですが今回は仕方なく不満とさせて頂きます。プラスとマイナスのドライバーがありますがこれも2.0ミリのコイルジグとして使えます。

早速ご紹介♪

2017年01月22日 ランキング上位商品↑

coilmaster マスターcoilmaster コイルマスター 正規品 電子タバコ ビルド ツールキット プロ ケース付 tool kit v3

詳しくはこちら
 b y 楽 天

ちょっとお待ちを!詳しく見る前に!

楽天カードはお持ちですか?

今なら買い物時にカードを利用すると
なんと5000ポイントもらえます。

さらに、カードで購入すると
ポイントがいつでも 4 倍ついてきます。

3ステップで簡単登録できるので、楽天をご利用ならカードでお買い物が断然お得ですよー!

しかも「完全無料」でご利用できます。
詳しくは下記↓をご覧下さいませ。

キャンペーン中なのでお早めに~

本家で通販したとして送料がいくらなのかわかりませんが6500円は気持ち高いかなと感じました。海外サイトでGeekVape社のビルドキットを発注していましたがコイルマスター社のこれがV3になったと知りGeekVapeのキットをキャンセルしてこちらを購入しました。私は買ってすぐに今の焼き入れ可能なオームメーターに変わったので!もう少し買う時期を遅らせたらよかったと後悔しました。お試しコットンと24gのカンタルワイヤーもついてきて!これひとつ買えばとりあえずビルドはできてしまう便利な商品。コイルジグは超使いやすい。すぐにでも使いたくて代用品を待っていられなかったのでやむなく自分で修理しました。コイルとコットンが付属していて、到着後すぐ巻いて使えたのがよかったです。出来れば検品してほしかたのですが梱包の関係上検品も出来なかったのでしょうが・・・。付属されているカンタル線は!10ftしかなく物足りないです。またペンチのかみ合わせがイマイチでした。これならまだ100均の物の方が良いと思いました。100均などでも購入できそうなニッパー、ラジオペンチなどの工具類はクオリティーにムラがありそうですが必要に耐えうる程度、ニッパーは刃先以外かみ合っていませんでしたが切れます、折りたたみハサミはティッシュが切れるので十分切れると思います。あと、付属のコットンですが、なんか変な味がします…クリアロは使ってたけどやっぱりリビルダブルしたくてコレとサーペントミニを買いました。セット内容は満足しているのですが高輝度オームメーター【抵抗電圧計測可能】が壊れていて電源入りませんでした。コイル消費が激しくコイル貧乏になりそうなので自分で作れるよう購入しました。コイルジグについて!動画サイト見るのが一番判り易いですがクルクルするだけで本当に綺麗に巻けます。作りはちゃちいですが抵抗値測定!焼入れ共に問題なく出来ました。コイルビルドでの使用には十分耐えます(折りたたみのハサミは緊急用レベルで常時使用するのはつらいです)。ただピンセット・ペンチなどに油がついていたりして!拭き取るのが面倒でした。これ一つでRDAのコイル作成ができますのでお勧めです。不器用ですが巻き数を間違えた以外!コイル巻きの失敗をまだ1度もしてません。必要なものが揃うのでその点は良いと思いますが!金額がそこそこするけど精度は当たりはずれがあると思います。ただ、ビルド台兼オームメーター兼焼き入れ台は18650が1本必要なので注意。ワイヤーいらないのでハサミをもう少しマシなものにするか、自社製品のマルチピンセット(かたいのを回せるやつ)をセットにしてくれると良いのになと思いました。プラモをガチでやってるとか!仕事上もともと良い工具持ってるとか!物凄く手先が器用だとか!そういう人でもない限り!これからビルドを始めるなら文句なくこれ。前のバージョンは単3電池式だったらしいし、焼き入れはMODでやるし、そっちのほうがよかったなー。この手のパッケージ商品はどれもそんな感じですが、仕事でロブスター社の工具などを触ってきた身としては工具はどれも100均とかわらないレベルだと感じます。必要なものが全て入っててコレ買って大正解でした(´ω`)ただ・・・これで自分で組めるようになってしまったので色々他のRTAやRDAが欲しくなっちゃって困ります。オフィスエッジさんで約6500円。はさみが見た目に反して切れ味鋭いのは嬉しい誤算でした。使用には問題無い程度です。カンタルワイヤーが付いてますが10フィートしかなく、ワイヤーはコイルマスター社の自社製品なのでそこは30フィートのを入れとけよと。これはGeekVape社のもののほうが良いと思います。オームメーター、リチウム電池の18650が必要、ローディスチャージのものだと焼きいれが出来ないのでハイディスチャージタイプが必要です。工具の精度もまあまあ良く!特に先の細いピンセットとセラミックピンセットは超便利。コイルジグはV4でした(キットはV3なのでややこしいです)。プラス!マイナスドライバーは回しやすくて使いやすいですが!六角レンチがちゃっちい&太さによっては引っかかって回しづらいのが残念。レビューされていらっしゃる皆様さらっと出来た、と書いていらっしゃいますが説明書、日本語はおろか英語ですら添付が無いので、これポンと渡されてコイルビルドできる人が居たら私尊敬します。しかもその頃は今のニッパー、ペンチ、ピンセットやドライバーたちが埋め込み式のバックなのでかなり不便です。ドライバーが少し小さい感じです。必要な物がいっきに揃う点以外は何とも言えない商品でした。コイルの巻き数などについては、私はCoilCalculatorというIphoneアプリで計算していますが希望の抵抗値のコイルの巻き数、必要な長さを簡単に測定してくれます。ただの道具なので良くも悪くもないと思いますが。ちなみにGeekVape社のキットにはコイルジグが付いておらず多数のドライバーが入っています。。初心者なので色々と工具は持っていましたが!ビルド専用として購入しました。結局動画1本とVapeブログ系記事1件読んで出来たので難しい作業ではないと思います。521tabが新しくなりましたが質感は非常にチープです。こちらの商品!コイルマスター社本家で約50ドル(10月30日のレートで5200円くらい)。私はラジオペンチがはずれで、挟む部分は隙間がひどく奥の切る部分は切れなくて潰れます。セット内容でこの価格は良いと思います。測定!焼入れモードはスイッチ切り替え!焼き入れは赤いボタンを押すと通電加熱します。サイズもコットン切るにはちょうどいいサイズ。